何が幸せか、何が大切か、、、

昨年、何人の中学3年生(現高校1年生)選手を取材したかなんて数えていませんが、その中の一人の選手くんのお母さんの話しです。ある遠征先で知り合ったその選手くん、縁があってか一度ではなく何度も話しができたこともあり、とても印象に残っています。とっても面白くてでも、明るくて、どこかとぼけていて(^_^) でも野球が大好きで…。どんな活躍をした選手か、など書くとわかってしまうので、詳しくは書きません。

その選手くんのお母さんから、引退後にメールをいただきました。そのときは、取材のお礼や、母からみた息子の話しなど。聞けば、年齢が私とほとんど変わらない、まだ30代のお母さんでした。

それから数カ月がたち、いろいろ悩んでいたその選手くんの進路がどうなったかな、と気になってママにメールをしてみました。3月ごろ、こんなメールが返ってきました。。。。

::::::::::::::::::::::::::::::

実は、○月末母親である私が乳ガンである事が分かり、息子の入試と転移の有無の検査、入院、手術……と気持ちが落ち着かなかったので連絡遅くなりました。お許し下さい。

○月中旬、○年の娘とたまたま一緒にお風呂に入っていた時に『お母さん、30代後半になると乳ガンになる確率凄く高いらしいから時々オッパイさわってシコリがないか確かめた方がいいらしいよ』『今は簡単に検査もできるらしいから』って言われ、その場でさわって左胸にシコリを発見。次の仕事が休みの日に検査に行き、触診・マンモグラフィ・エコー・細胞診で調べてもらった結果○月○日に『乳ガン』と診断されました。

息子の志望校の○○高校の入試は○月○、○日。○○に話すかどうか迷いましたが夫婦で相談の結果、合格発表までは黙っておこうという事になりました。

息子は 小学生の頃から○○高校で野球をする事が目標でした。父親の影響で野球を始めた息子は、父親が○○高校野球部出身である事から『僕も、あのユニフォームを着て野球がやりたい。お父さんはレギュラーになれなかったけど、僕は○○でレギュラーになりたい』ってずっと目標にして野球をやってきました。6年越しの目標だったので、安心して受験させてやりたかったんです。

入試も終わり○月○日、○○高校のスポーツクラスに合格しましたo(^▽^)o 合格発表の次の日 旦那が息子に私の病気の事を話ましたが『知っていた。お母さん見てたら何となく分かった』って言ったそうです。でも『お父さんやお母さんが心配するから、知らないふりをしていた』って。少しだけ成長したなぁと思いました。

その後、私の方は色んな検査をしましたが他の臓器や骨への転移は見つからず、○月○日に温存手術を受け、○日から抗ガン剤治療を受けています。そろそろ副作用で髪の毛も抜け始めると思います。一応私も女なので、ショックだと思いますが、家族をはじめ周りの人達が私の心をしっかり支えてくれているので本当に心強いです。だから前向きに頑張ろうと思います。

息子は○日にお世話になった中学校を卒業し、○○日に寮に入ります。精神的に弱い所がある息子ですが、私の病気を通して神様が少しずつ成長させて下さっています。

元気で野球ができる事は当たり前ではない事。元気で野球させてもらえる事が一番有り難いって事を再認識してくれたと思いますし、これからは元気な体で人のお役に立てるように、人に喜んでもらえるように頑張ってもらいたいなって思っています。私の病気は神様からのプレゼントだったのかもしれませんね。

それと、2月1日のブログを拝見させてもらって私も家族も、凄く勇気づけられました(^-^) 瀬川さんも抗ガン剤と闘った時期があったと。『瀬川さんも抗ガン剤と闘った時期があったみたいだけど、今あんなに元気に忙しく全国を飛び回ってるんだからお母さんも絶対大丈夫だよ!』って息子も言っています。心配事なく安心して入寮してくれそうです。

ありがとうございます。報告遅くなりスミマセン。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

このメール、涙しながら読みました。「がん」という病気になりながら、気丈にメールしてくださったお母さんもすごいし、息子の○○くんも、強くなったなと。この選手くん、自分に自信がもてなくてもてなくて、悩んでいた姿を見たり聞いたりしてきていたから。なんて強くなったんだろう。。。と胸が熱くなりました。

それからどうなったかな、といつも気にしつつ3ヶ月がたち、経過はどんな感じかな、と思ってメールをしてみました。入院中で、抗がん剤治療中とかだったらメールできるかな、と思いつつ、自分が治療していたときのことも考え、入院中って何かと寂しくなったり孤独を感じるものだから、メールはきっとうれしいはずだ!と思って。。。

と、こんなメールが返ってきました。携帯メールなのに、こんなに長く打ってくださって、、、まずそれに感激、、、。そして文章を読んで涙。。。。その選手くんママにブログ掲載の許可をいただきましたので、ぜひ、読んでみてください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::

メール頂き有難うございますo(^▽^)o
お忙しいのに覚えていて下さって本当に本当に感激です♪(*^ ・^)ノ⌒☆

まず、私の体調ですが今 2種類目の抗がん剤を投与している最中です。
2月○日の術後、2月○日からCE療法という乳癌の一般的な組み合わせの抗がん剤を4クール(1投2週休を4月○日まで)しました。

1回目の投与から2週間たった頃、ブラシで髪をとくと『パラパラ』と1日に30〜40本抜け始め、こんな抜け方なのか……と思っていたら数日後からドラマのようにゴッソリ抜け出しました。ブラシで髪をとくとブラシが真っ黒( ̄○ ̄;) まるで、むしりとってるような感じでした(^o^;)

最初は髪とお別れしたくなくて、髪をなるべくさわらないようにしていましたが、帽子を被っていても私の歩いた後は髪がパラパラ落ちて部屋中が汚いし、『もういいや!!』と思って新聞紙を広げ、子供達(入寮前だったので息子にも)に手伝って貰って簡単に抜ける髪は全部抜いてもらいました。で、『サンプラザ中野』さんのようにツルッツルになりました。覚悟はできていたし、癌をやっつける為だし、家族の支えや励ましがあったから、落ち込む事もなかったです(^O^)

手術から3週間後、切除した癌の色々な病理検査の結果が出て、癌の浸潤径は1.8センチ、それと腋下のセンチネルリンパに1ミリ転移が確認されました(切除済みです)。私の癌はとても進行が早く、暴れん坊の癌だったみたいで、HER2(ハーツー)タンパクという癌遺伝子をたくさんもっていたらしく、 その遺伝子が増殖しないようにする いわゆる癌遺伝子のワクチンのような点滴と抗がん剤をCE療法の後 投与する事になり、5月○日から毎週点滴しています。予定では8月末まで毎週です。

でも、お陰様で脱毛以外の副作用がほとんどないんですよ(^O^)
こんなに有り難い事ありません。仕事にも週に3回ほど出ています。すごく重たいものを持ったりというような事はできませんが、結構元気にしています。家事もできるのですが、ほとんど旦那や娘がやってくれているので今は甘えさせてもらっています。

8月末に抗がん剤治療が終わったら、次は放射線治療をするそうです。乳房を温存してるので、乳房内に、もしかして残っているかもしれないガン細胞を徹底的にやっつけてしまうそうです。放射線は月曜日〜金曜日まで毎日、4〜6週間の通院になるそうです。まだまだ時間はかかりますが、気長に前向きに頑張ろうと思います(=^▽^=)

今は元気で生かされている事が本当に有り難く、感謝感謝の毎日です(^O^)

私も瀬川さんと同じように神様は絶対いらっしゃると信じています。いつもいつも、私達人間の事を見て下さっていると思います。この病気が分かった時もきっと神様が娘の口を通して教えてくださったと思います。

シコリを見つけ、たまたま仕事が休みの日に家の近くの総合病院の外科に行ったのですが、診てもらった先生が偶然にも乳腺専門だったんです。後で聞いた話では、触診の時、指の間でシコリがコロコロ動くので『良性』と判断したそうですが、「年齢も30代後半だし念のためマンモグラフィ・エコーをしてみましょう」と言われ、検査をする事に。

検査の結果、エコーで見ると少しシコリの周囲がザラついているから「細胞診もしてみましょう」という事になり結果乳癌と診断されました。先生もビックリされていました。また その先生が「私も手術はできるし、うちの病院でも手術も治療もしてあげられるんだけれども ○○さんはまだ3○才で若いし、もっと機械や技術のすすんだ乳癌専門の病院が○○にはあるから、そちらの病院に行ってはどうでしょうか?」と勧めてもらい、乳癌専門の先生が勧めて下さるんだから間違いないと思い、言われるがままに次の病院へ。

勧められるがまま、何も分からずに2月○日に次の病院へ行くと その○○先生は乳癌の名医と呼ばれる先生でした。患者さんもたくさん抱えておられました。

○○(息子)の入寮が3月2○日に決まっていたし、私としてはできるだけ早く手術を受けたかったんです。
入寮の準備も一緒にしてあげたいし、入寮してしまえば○○までは帰省できないので、できるだけ早く手術をして、安心させて送り出してやりたい。安心して野球に専念できるようにしてやりたい。って思っていました。

でも、『手術も混んでるから 3月中旬でないと手術できない』と言われ、仕方ないのか……と思っていたら、2月○○日に主治医から電話がかかってきて『明後日、手術する予定にしてた患者さんが○○になって手術できなくなったから○○さんの手術を明後日にしようと思う。急だけど明日入院、明後日手術でもいいですか』と連絡をもらいました。

『はい。是非お願いします』と二つ返事でお願いし、手術をして頂きました。あれよあれよという間に入院・手術になりましたが、手術を早くしてもらったお陰で2月中には退院でき、入寮の準備も一緒にできたし、中学の卒業式・入寮式や入学式にも参列させてもらう事ができました。

まるで、神様が台本を作ってくれてるようでした。瀬川さんがよくブログで『願っていればいつか叶う』って書いておられますが、そんな感じでした(^O^) 常々、私は良い事にも悪い事にもそれぞれ意味があると思っています。それをどう考えるか、どう受け止めていくか、人間の心次第だと思っています。

病気が分かった時、私も本当に落ち込みました。すごく泣きました。癌っていう病気がすごく怖かった(T_T)
でも、今はこの病気のお陰で夫婦の繋がりも強くなったし、子供達の心も成長したし、私自身人生の価値観も変わりました。生かされてるんだから、この体で人に喜んでもらえるような事を一生懸命しよう。って思うようになりました(今はまだ治療中だし 無理はしないでおこうと思っていますが)。

心の持ち方ひとつで人間って変わりますよね。それに、家族以外のたくさんの人からも励まされ、支えになってもらい、人の優しさが心にしみました。今回の病気で本当に勉強させてもらいました。

入寮した○○からも4月下旬に初めて手紙をもらいました。

『お母さんへ、元気にしてる?僕はとても元気です。お母さんは抗癌剤とかで精神的にも肉体的にもしんどいだろうけど、それは絶対に乗り越えなくちゃならない壁だから辛いと思うけど頑張って!!自分もお母さんの為にも家族全員が健康でいられるように毎日神様にお願いしてるから大丈夫だよ。野球の方は思ってた以上に練習きついです。けど体も結構しまってきたし、良い感じです。とにかく頑張るよ。』

ってこんな手紙を送ってくれました。短いし言葉足らずの手紙だけど気持ちが伝わってきて本当に嬉しかった。この手紙は宝物です。

○○(息子)の野球の方ですが、○○高校でなんとか頑張っているようです。恵まれた環境で野球ができるなんて本当に幸せな事だなぁと感謝しています。

○○監督から○○を練習するように言われ高校に入ってからは○○を練習しています。B戦には1年生も出してもらったりしてるみたいで先日の練習試合では○番○○○で先発させてもらっていました。守備はまだまだ下手クソで危なっかしくて、見てられません、肩も弱いしまだまだ形にはなっていませんし、いつも怒られているようですが(-o-;)毎日毎日の積み重ねしかないですよね。

まだまだ技術的には課題だらけでお恥ずかしいです。○○は思っていた以上に選手層も厚いし、同学年の子達はみんな体格も良く技術も素晴らしい選手ばっかりで親としては大丈夫なんだろうか(^o^;)と正直不安だらけですが、あとは○○が今おかれてる環境でどれだけ努力できるかだと思います。心配だけど親は遠くから見守っていくしかないですよね。

(省略)

なんか色々と思うままに長々とメールをうってみたので、読みにくと思いますがお許し下さい。また 近況を報告させてもらいますね(^O^) 毎日毎日忙しい瀬川さんですが、これから益々忙しい時期になりますね。呉々も体には気をつけて下さいね。

::::::::::::::::::::::::::::::

まずは、この選手くんママが、がんを撃退できることをお祈りいたします。

どうしてこのメールをここで紹介したのかというと、こうして病気と戦いながら高校野球に挑んでいる親子もいるってことを知ってほしかったからです。これを読んだら、自分たちが抱えている悩み、不満に思っていることがどんなに小さいかを感じるんじゃないかな。。。私はそうでした。日々、辛いとか大変だとか思っていることなんて、全然ちっちゃいことだって思いました。

何が幸せなのか、、、、野球でレギュラーになる、試合で勝つ、全国大会に行く、いい高校に入る、甲子園に行く、いい大学に入る、いいところに就職する、それももちろん「幸せ」です。でも、毎日健康で、毎日ご飯を食べられて、友だちや、家族と笑い合えること。。。こんなことが普通にできることも「幸せ」なんじゃないのかな。今の世の中、一人一人が設定する「幸せ」のハードルが高すぎるんじゃないかなぁ。。。

何が大切か。。。。自分一人ぐらいどうでもいい、自分がよければいい、そんな人が世の中にどんどん増えているような気もしますが、何が大切か、ってことを、私自身、もう1回考えたいな、とも思いました。

私も、健康管理気を付けます。毎回言ってますが(;^_^A  でも、睡眠時間も以前に比べれば結構とるようにしてるんですよっっ(^^;;) 体にいいものも食べてるしσ(^_^; あとは、時間作って体の総点検してこようかな。。。ほんと、私が倒れたら、子供らどうなっちゃうんだろって思うし、、、、。それが家族のため、子供たちのため、お世話になっている方々に迷惑をかけないためでもありますからね。。。

取材先からの帰り道、電車の中でした。もうすぐ駅につきます。家に帰れば、また忙しい夜となります。。。