高校野球の指導者を目指して…我が家に読書合宿中〜

という人がいます(^_^) 昨日も今日も単身お泊まり、私の仕事部屋にある大量の野球雑誌&本を片っ端から読み、必要なところは近所のコンビニに行って5円コピーしてます。それを持ち帰ってファイリングして必要なときに読み返すんですって。時々こうして勉強しにきます。来週もまた来るって!!

その人は、このブログでも何度か紹介してきたパパチームのコーチ、小坂くん! 高校時代は凖レギとして甲子園出場。卒業後、一度就職してサラリーマンをしたものの高校の指導者になる目標を諦めきれずに上京し、大学に入って教職(社会)取得。さらに別の大学で科目履修生として保険体育の免許も取得。この春からいよいよ某高校のコーチとなります。

今までも何度も書いていますが、彼は絶対いい指導者になると思う。いい指導者…私の中でその基準の一つに、自分の子供を預けたいか預けたくないか、というのがありますが、彼にだったら息子をぜひ預けたいと思います。技術指導、体の指導だけじゃなくて心の指導もしてくれると思うから。自身の名誉やクビにならないために指導するのではなく、選手のことを思った指導、選手たちのための指導をしてくれるから。こういう考えの指導者がたくさんいたらいいのに…と思います。

まだその高校から正規に採ってもらったわけではなく立場も弱いし生活も安定しないかもしれません。でも、彼は絶対いい方向に持っていけると思う。彼がきてくれたことに感謝すると思う。

今まで彼のことはいろんな人に紹介しましたが、みんな彼の態度、考え、熱意を絶賛してくれます。こんないい人材、なかなかいない。先日も某強豪高校の監督さんが小坂コーチを絶賛。コーチとして欲しいと言ってくださいました。結局、学校の事情で採用はできなかったけど、空きが出たらぜひきて欲しいって言ってました。

「将来は高校の指導者になりたいので、ここで勉強させてください!」とパパチームに突然やってきてから4年になるのかな。厳しく、かつ、優しく、本当によくやってくれました。選手や保護者からの評判もとってもよかった! チームにとって、小坂コーチが離れてしまうのは痛手だし残念だけど、小坂くんにはここで勉強したことを生かしてまた新しい世界で頑張ってほしいです。

で、私は締め切りラッシュ。ブログも毎度中途半端でごめんなさい。ブログにかけられる時間がないですっ