中学生のみんな、将来何になりたいですか?(*^。^*)

気が付けば、今日は残り10分! ブログ書いてたら12時過ぎちゃう とりあえず、タイトルだけアップ!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今日も家事に仕事に子供に・・・と動き回った一日でしたっっ 夜はダンナチームの選手くんが3人泊まりに来たので、朝イチで買い物&夕飯の仕込み、夕方もその続きの仕込み。選手くんが来てからもドタバタと動き回って・・・みんなが寝たあと、急ぎの仕事を片づけて、0時近くなってようやく一段落致しました〜(^。^;) 

でもまだ2回目の洗濯と明日の準備が残ってる(゜〜゜;) お風呂も入ってない(>_<") 明日は運動会&シニアの関東大会開幕戦取材のダブるでハードになること間違いなしなので、早く寝なきゃと思ってるんですけどっっ<("O")> 

それでも、お泊まりネタを書いておきますっ! 今日は根津亮太くん、前橋将博くん、樋口龍太郎くんの3人が泊まりにきました! ウチに着くなり、「パジャマ忘れた!・"(≧д≦)"・。」と樋口くんっ 「んな、監督のTシャツと短パン貸すからダイジョブだよぉぉ」と言ったのに、しばらくしたら、ウチの近所に住んでいる選手くんの親御さんから、上下セットが届きましてっっ よほど監督のものを着るのはイヤだったのかっっ(^。^;) なぁんて、冗談冗談!o(^ヮ^)o

今日もお決まり手巻き寿司! 他に毎回、生野菜サラダを出すんですが、3人ともなかなかサラダに手をつけないので、聞いてみたらっっっ 根津くんは平気だったけど、前橋くんと樋口くんは嫌いなものがあるとのこと。前橋くんは生野菜が全部ダメ! 家ではほとんど食べてないとか! 樋口くんはトマトがダメだそうで、「小学生のとき以来食べてないです」だって〜〜 

監督に「そんなんで高校いって寮に入ったら嫌いじゃ済まされねぇぞぉぉぉ じゃあ1個だけ食べてみろ! まさか吐くんじゃねぇだろーな〜」に、「吐くかもしれません(>_<")」と樋口くん。でもでも、ドレッシングをいっぱいかけて、味を分からなくして?? 勇気を出して食べてましたっっ エライ!(*≧∇≦) 前橋くんも何だかなんだでしっかり平らげ、よくできました!!!(*≧∇≦) 

根津くんは、結構よく食べていたし、今日来た中では一番小さい156センチだけど、これから大きくなりそうな予感ですね!!(*^-^*)

つい最近、「食がいかに大切か」ってい原稿を書き終えたばかりで、私の頭の中は、食への知識がいっぱい。なので、選手くんたちに、何を食べればいいか、どんな食べ方をしたらいいか、成長ホルモンは夜10時から夜中の2時までに多く分泌されるから、そのときに寝ると大きくなるよ! などという話しをしておきましたっっ 一応、食や体を大きくするコツなどについてはいろいろ勉強もしてるので、参考になるとは思うんだけどね(^_-)-☆

さてさて、タイトルの話しへといきましょうっっ

食事のあと、選手くんは2階にあがって私の仕事部屋(野球部屋ともいう(^。^;))を覗いた後、子供部屋へと行き、野球小僧くん&勝利の女神ちゃんたちと遊んでいました。その間、私は、仕事の急ぎのメールがあったのでそれを送るためパソコンに向かっていたら、そのうちの一人が仕事部屋に入ってきました。

手巻き巻き巻きしながら、進路の話しなどもしたのですが、もうちょっと話しをしたそうで、私もパソコンの手を止めて二人でいろいろ話しをしました。その選手くんは、正直、行きたい高校がないそうで、それが逆に悩みというか・・・。野球の力がメチャクチャある、とまではいかなくとも、シニアでレギュラーになれるくらいの力があるとか、勉強ができるとか、何か得意なものがあれば行きたい高校も出てくるのかもしれないけど、これといって取り柄のない自分がどこに言ったらいいのか分からない、、、ということです。自分の頭でもついていけて、自分の野球のレベルでもついて行ける高校にいければいいかなと。寮に入る自信がないので、できたら自宅から通学したいという希望だけは明確に持っているようです。

なるほどぉぉ。高校選びの時期、頭悩ませるよねぇ〜

私の場合は、福島県内では県立高校が圧倒的に多く、しかもほとんとの生徒が県立高校狙いで、私立は県立を落ちてしまった子がいくような流れになっていたので、私も周りの子と一緒で、当たり前のように市内の県立高校を目指していました。

ずっと部活(ソフト)に夢中だったから、そんなに一生懸命勉強するでもなく中学3年の夏までは、ソフトソフトで過ごし、、、、でも、引退後は、「やるからには一番高い高校に入りたい!」という目標を思って必死に勉強しました。もし、願書を出すときまでにそこの高校の合格ラインに達しなかったら、ランクを1つ下げるっていうぐらいで、選ぶっていうほど高校の数もなかったしなぁ。とにかく、私の場合は「何が何でもそこに入るぞ」という意気込みでしたねっ

そんな私とは、時代も、住んでいる場所も、環境も違うのですが、私が思っていたみたいに、「絶対あそこに入りたい!」っていう目標になる高校はないのかなぁと。その選手くんは「そういう高校はないんですよ」と言っていました。みんなは、どうですかね〜?? あそこの高校に行って野球やりたい!っていう高校ないですか?? 

その選手くんには、将来やりたいことがあれば、また高校も絞れてくるんじゃないかと思って、「将来やりたいことはないの?」と聞いてみたんですが、「将来は親の仕事を継ぐと思うから・・・・」と。あぁそうか〜。その選手くんのご両親は人間的にとっても素晴らしい方で私も尊敬しています。ご夫婦で会社を経営されていますし、そこを継ぐのであれば将来安心ですね!

でもでも! 安全なレールの上を行くのもいいけど、、、、「その前に、自分の力で何かをしてみるとか、何か夢中になれることに、やりたいことにチャレンジしてから会社を継ぐのは遅くないよね!何かやってみてることが自分の自信にもなって、その後の仕事に役立つかもしれないしね!」に「そうなんですよね〜」

その選手くん、前に私がグラウンドで写真を撮っていたら、「それちょっと貸してください」って寄ってきて、「こういうのに興味あるんです」と触ったりしていたことがあったので、「カメラをやってみるとかはどうなの??」と言ってみたのですが、「そこまで好きではないかな」と。

で、その選手くんによれば、「自分だけじゃなくて、結構、みんな、やりたいことってないと思うんですよぉ」とのこと。「野球やってても、自分の力が分かってくるとプロ野球選手、なんて言えなくなるし・・・・」。

そうなのかぁ・・・・ちょっと寂しくなりますねぇぇ。

と、いうことであとの二人にも「将来何になりたいの?」と、聞いてみました! 

やはり、「何になりたい、なんていうの、ないですね〜」との答え。「小学生のころは確かにプロ野球選手って言ってましたけど、シニアにきたら上には上がいるってわかったし。。。。」と。3人とも高校野球はやりたいようですが、その後続けるかどうかは分からない、将来も何をしたいのか分からない、親の仕事をつぐのかな、親と同じ仕事をするのかな、それとも何がいいのかな〜という感じでした。

先日、中学野球小僧7月号の取材で、今年からプロに入った高卒1年目ルーキーにアンケートをしたのですが、その中の1つの項目に、「中学時代、プロになれると思っていましたか?」というものがあります。まだ発売前のものなので、詳しくは書けないですが、私が取材した6人はすべて「NO」でした。「なりたいとは思っていたけど、なれるとは思っていなかった」というのが多かったですね。でも、今日の選手くんたちの感じは「なれるわけないから、なりたいとは思わない」という感じでしょうかっっ。

成長する時期は違うんだし、今はそんなに力がなくたって、頑張れば高校で花開くかもしれないし、大学や社会人に行ってからぐーんと伸びる選手だっているんですけどねっっ うーん、もっと夢を持って頑張ってほしいぃぃぃっ・"(≧д≦)"・。

自分がどうだったか、、、を、また思い起こしてみたのですが、私は、マジメにソフトボールの日本代表になってオリンピックに行くと思っていました。いつだったかの文集にもしっかりそう書いた覚えがあります(^。^;) 金メダルも取るって書いたような(^。^;) で、大学に行って体育の先生の資格を取って、体育の先生&ソフト部じゃなくて野球部の監督になりたいって思ってました(^。^;) 監督になって甲子園です!(#^.^#) 

さらに、中学時代に完全にはまった高校野球。何度か福島から遠路はるばる甲子園に足を運ぶたび、「野球を取材する人になればいいんだ!」とも思うようになりました! 甲子園では準決勝までは通路取材(テレビでいつも流れる)ですが、決勝戦だけは甲子園の土を踏みながら取材ができるのですっっ!! アレを見て、「私も憧れの甲子園に土が踏めるかも!」という夢を持ちました!! 

あと、「野球を取材する人になりたい」っていう理由には、私が野球が好きになる決定的なきっかけになった選手が、その後も、大学、社会人と野球を続けているのを見ていて、「野球を取材する人になれば、いつかその人を取材できるかもしれない!」っていうミーハー心もありました。「追っ掛けのようにして会うのはヤダから、記者として対等な立場でその人に会いたい!」っていう思いですっっ。これが一番強かったかな(^。^;)

思い続ければ叶うものというか、運もあったのかもしれないですが、それからわずか5年後ぐらいには本当に〝野球を取材する人〟になりましたっっ(大学時代の19歳からアルバイト記者) さらに、新聞社に入社して、春夏甲子園にも行かせてもらい、決勝戦後、念願の〝甲子園の土の上〟取材もできました!!(*≧∇≦) さらにさらに! 私が決定的に野球にはまったきっかけになったその人とも、その後、めでたく〝対等な立場〟で会うこともできまして、今では本当に親しくさせてもらっています(^-^) 

まあ、私のように中学生のときに「やりたいこと」が見つからなくても、高校、大学と進むうちに見つかるかもしれないですしね! だから、今、「将来やりたいことが見つからない」人も、やれることを一生懸命やっておいてほしいなぁ。 ホント、いつそれが見つかるか分からないから、そのときまで、自分なりの努力はしておくこと。勉強をしてちょっとでもレベルの高い高校に入っておく、でもいいし、体力をつけておく、でもいい、いろんな情報を頭に入れておく、でもいい。そうすれば、目標が見つかったときに、きっと役立ちますから! そこへの近道になりますから! 

逆に言うと、何もしないで、ただ流れのままに生活していては、つかめるものもつかめなくなってしまうと思うんですよねっ 常に積極的な気持ちは忘れないこと。今は野球をやってるわけだし、選手としての限界は自分なりに感じてしまったとしても、野球を突き詰めて勉強してくうちに、指導者になりたいって思うかもしれないし、トレーナーになりたいって思うかもしれないし、道具の開発をしたいと思うかもしれない、私のように取材する人になりたいって思うかもしれない。ヒントやチャンスはどこにあるか分からないですからね〜(^-^)

野球をやっている中学生のみんながみんな「プロ野球選手になりたい」って思ってるわけではないのは、もちろん分かっています。が、どんな難しそうな職業にせよ、可能性はあるわけだから、なりたいものが見つかったら、本気で頑張ってほしいと思います。
将来ある中学生、うらやましいっすよっっ その若さ! その可能性! 今後、辛いこともあるだろうけど、楽しいことだっていっぱい待ってるだろうしね!(*^-^*) 

今日も長くなりましたが、中学生になった気持ち、中学生に戻った気持ちで今後のことをいろいろ考えた夜でした(^o^) さて、明日の運動会の準備!!