昨日の続き・・・○○くんからのメール(^_^)

んもー昨日も今日もヘロヘロですっっ 超多忙につき寝不足がずーっと続いていて、手先がしびれます(*_*)(*_*) 締め切りラッシュというか、その締め切り日も過ぎちゃってる原稿あって、もう待たせてしまってる状態(:_;)(:_;)ブログ書いてる場合じゃないかもぉぉぉ とにかく早くやっちゃって早く寝ないと倒れそう(-.-;)(-.-;)

それにしても・・・なんでこんなにやることあんのよぉって思うくらいやることあるなぁ 仕事ももちろんだけど、ママである以上、家事も育児もやんないと一日が回っていかないぃぃ ま、どこのママもみぃんな一緒! 球児くんのお母さんたちも、やりたいことがあってもそれをガマンしてカワイイ息子のためにあれこれやってくれてるんだろうから、みんな、お母さんに感謝してよ!! それが例え口ウルサイ母ちゃんだったとしても(^。^;) ね!(^_^)

ウチは朝食はダンナが作ってくれちゃったりするんですけどっ その片付けして、女神を保育所に送っていって、戻って掃除機を1階→2階ってかけていって、洗濯物を干して・・・ってやってると、仕事始める前に大汗かいちゃうっ こんなにドタバタしてるのに痩せないのが不思議ですっっ!! 飲み過ぎ?食べ過ぎ? 酒太りだろぉぉ(≧▽≦)♪♪って声が聞こえてきそうでコワイ(;^_^A  ははっっ

あ、本題本題!

昨日はドタバタしながら、おー中学生なのに、よく考えてるな、っていうメールがあり、それをそのまま貼り付ける形でブログに載せちゃいましたっっ 電車で移動中に入れたので、そのメールについてちゃんとコメントせずに入れてしまって(^_^; でも、反応が結構きて、コメントにもそうですが、メールの方にもいろいろとアドバイスなどがきていたり、いろんな人がいろんなことを考えてくれたのがうれしいです!

で、その○○くんからまたメールがきたので紹介します!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。
瀬川さんが自分の事、ブログに載せてくれた事によってたくさんの人がコメントしてくれました。
それぞれ、いろんな考えがあるんだなぁと思いましたでも、これだけはハッキリしました!
結局、どこの高校に行っても皆と同じ野球をやる事。
同じ大会に出て同じボール使って試合する事。
それだけは、決して変わらないという事。
あたり前の事ですが、何か自分も勘違いしていた気がします。
だから、公立に進もうと私立に進もうと野球は野球として変わらずにありつづけます。
後は、チームの一人一人の努力次第で強くなるなならないかだと思います。
絶対がないスポーツだからこそ、皆、勝つ事信じ続けて頑張れます。
だから、どこの高校に行っても野球をする事には変わりないんだから、自分を信じて進路を決めてその学校で新しく出会う仲間と甲子園目指していきたいです。

追伸・・・は、省略〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっぱりしっかりしていますね。私が中学生だったら、こんな選手くんと一緒のチームで一緒に上を目指して頑張っていきたいって思うかな!(^_^)

さて、この○○くん含め、これから高校野球の世界に飛び込んでいく選手たちへ・・・

高校野球ってね、華やかな部分ばかりが多くクローズアップされますから、自分もその中に飛び込めばそうなるような感覚になっちゃうものです。テレビや新聞なども「青春」「さわやか」といった感じで取り上げますからね。でも、実際はそんなきれいなものじゃないんですよ。縦社会、日本の社会がそのまま凝縮されてるのが高校野球。脅かすわけではないですが、いろんな意味で厳しい世界です。

どの高校もみんなそう、ってわけではないですが・・・

上級生からのいじめ、とは言えないまでも、かなりのプレッシャーをかけられるだろうし、毎日やることにしても、理不尽だと感じることは多いでしょう。監督やコーチから追い込められ、それでレギュラーを取れてプレーができればいいですが、試合にも出られないではどんどん腐っていきます。せめて、同級生の仲間と楽しくできれば、どんなに苦しくてガマンはできるかもしれないけど、仲間とうまくコミュニケーションが取れない人は、もうそこにいること自体がいやになってしまいます。

実際、10〜20人に一人くらいは辞めているのも事実です。現高校1年生も、あっちこっちで「○○からいった○○がやめたって」という話しが聞こえてきます。あーあの子もそうか、あーあっちでもそうなっちゃったかって。とっても寂しいです。

ちょうど昨日も、昨年の今ごろ、高校に向けて目を輝かせてトレーニングをしていた選手くんが、すでに辞めていることを聞きました。いくつかの高校から誘いがあった選手で、攻守に光るものを持った選手。特に球を飛ばす力に長けていました。あのぐらいなら大学野球まではいけるかなと思っていたのですが、やめるの、早かったなぁ。。。その前に、昨夏、どうしてその高校にいくのかな、あんまり合わないなっても思ったんですが、私が口だしするわけにもいかないしねっっ 選手くん自身も、進路を決める段階でそれってやっぱり分からないものですよね。

私立か公立か、それを悩む人もいるのかもしれないけど、私立でもいろんなスタイルがあるし、必ずしも勝利至上主義じゃないところもあるし、公立でも私立の強豪校なみにスパルタでやってるところもあるし、そのへんで私立や公立の壁はないのかなと思います。

このところ、都立高校や県立高校の試合をよく見に行っています。先日、都立総合工科(もとの世田谷工)も見てきましたが、以前、都立城東高校を甲子園に導いた有馬監督が都立保谷高校を経て今春から赴任していまして、選手を追い込んでいく野球、勝つための野球をバリバリしてます。見た目都立って感じしないですからね(^_^; 結局は、公立か私立かではなく、その学校がどんな野球をするか、その監督がどういう野球をするか、そこなんでしょうね。

で、選手くんたちがこの時期とっても気にしている、どんな仲間が集まるか・・・これはもうほとんど運というか(^_^; 私立で強豪で・・・となればある程度、中学時代からチームの中心選手で気が強くて我も強くて・・・みたいな選手がそろうかもしれない。野球も強くて勉強のレベルも高いというのであればそれなりに意識の高い選手が集まってくるのかもしれない。でも、みんながみんないい性格で、自分と同じような考えを持っていて・・・ってワケではないですからね。あとは集まった仲間でどう過ごしていくかを前向きに考えていくことですね。

高校野球を3年間やり遂げた選手くんともよーく話しをしますが、ここに入ってよかった!と100パーセント満足して卒業していく選手はほとんどいないです。甲子園に行けた高校ならそれなりによかった、となるのでしょうが、そこでメンバーに入れなかったとか、メンバーには入れたけど大学進学が希望どおりにいかなかった、となると、とたんにその高校に不満が出てくるようだし。

みんな不満を持ちながらも、何とかしよう、もっと頑張ろうって、ちょっとずつ成長していくのが高校野球。引退したときに、また、高校を卒業するときに、「自分なりによくやれたな!」って思える3年間にしてほしです。

そうなるようにするには、どの高校か・・・ってことでまたもとに戻っちゃうんだけどf^_^; 

でも、やっぱり「類は友を呼ぶ」じゃないですが、明るく前向きな選手くんのところにはそういう選手が集まります!きっと! そうならなくても、一人そういう選手くんがいたら、みんなだって右へ倣えするかもしれません! ○○くんが言うように、自分を信じて! そして仲間も信じて前向きに行くしかないでしょ〜!! 

自分が選んで進んだ高校では、野球のレベルアップはもちろんのこと、内面も磨いて、仲間から慕われるような、後輩から尊敬されるようなカッコイイ男になって卒業してほしいです!これは今回ここでメール紹介した○○くんほか、野球選手くんみんなにそうなってほしいです! 

で、○○くん、いいオトコ→いいオヤジになったところで、将来、一緒に飲もうぜ〜って感じですね(^o^) 「ウチの野球部はこんなことがあったんですよぉ!」っていう思い出話しをつまみにしてね!(^_-)-☆

さて、夜の部のドラフト洗濯会議が終了したようなので、干してまいりますっっ 

ホントのドラフト選択会議(高校生)までは、あと、いっしゅうかーん☆(゜▽゜)☆☆(゜▽゜)☆☆(゜▽゜)☆

:::::::::::::::::::::::::

追伸 

高校野球は厳しい世界って書いたけど、だからといって逃げ出してしまっては(やめてしまっては)、その後、社会に出てからもツライことがあったら逃げ出してしまえばいいや、ってなっちゃうかもしれません。よっぽどのことがない限りは最後まで続けてほしいです。やり遂げてこそ自信になるし、やり遂げてこそ、語れるようになります。ツライのはきっと一時で、仲間ができれば楽しくなると思うし、その仲間はたった一人であっても、共感できる友人がたった一人できるだけで変わります。本当は野球が大好きだから野球を始めたんだろうし、将来、自分に子供ができたときに、「お父さんだってこんだけ辛かったけど頑張ったぞ」って言えるように。。。今、頑張ってほしいです(^_-)-☆