130326 桜満開の中、旅立っていきました。お守りとともに…

※3月26日(水)ぶんです!

今日(もうとっくに昨日になりましたが)、ケントが天国へと旅立っていきました。一人での旅立ちですが、昨日とは打って変わっての快晴、そして満開の桜の中、大勢の方々に見送っていただき、彼も気持ちよく新たな世界へ旅立っていけたことと思います。

21歳で亡くなり「気持ちよく旅立つ」なんてことはもちろんないのはわかってます。でも、そう思うしかありません、どんなに悔やんでも彼はこの世に帰ってきてはくれないし、ご両親がそうするように、私も何か「よかった」と思えることを探しては自分の気持ちを収めるしかないんです。

昨日、ケントの妹のありさちゃんからメールをいただきました。「中学時代に兄が瀬川さんからいただいたお守りが見つかりました。これからも守っていただけるよう兄に持たせます」とありました。

それを見て、、、、泣けてきてしまいました。なーんも守ってあげられなかったな…って思って。あの頃、私は、「野球でいい結果が出るように…」という思いと「けがなくプレーできますように」という思いを込めてこのお守りを作りました。でも、「命を守ってください」という思いは込めていませんでした。「守ってもらえるお守りを作ってあげられなくてごめんなさい…」 そんな思いです。

今日、けんとが天国に向かっている時間、私も大田スタジアムから空を見ていました。ちょうど飛行機が飛んでいて、「ぶつからないでいってよ! ま、フットワークは軽いから何かが飛んできてもすぐ避けられるから大丈夫っしょ」なんて一人で突っ込み入れながら。

北海道の北翔大のグラウンドでも多くの仲間が空を見上げてくれていたことと思います。彼が心安らげる場所は、両親や兄妹ら家族がいる東京であり、苦楽を共にしてきた仲間や先輩、そして、大好きな彼女がいる北海道。彼の御霊は東京発北海道経由天国かな。天国について、ちょっと休んだら、また元気にプレイボールだね!

これまで彼を応援してくれた皆様、ありがとうございました! 引き続き、よろしくお願いいたします! 丹生健人は、永遠ですから!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

★今度はきっと天国から瀬川さんをはじめ、みんなの事を応援してくれる事でしょう。 ☆そうですね! 時々空を見上げてみます!

★この世はあの世の修行の世界と聞いたことがあります。丹生くんは短い修行で、優れた人間だったんでしょう。天国で三冠王めざせ^_−☆

☆なるほど。やんちゃなところもあったけど、そこもまた彼のいいところ。天国で思う存分野球をやってほしいです! ありがとうございます!